気候変動対策

放射強制力の管理による2030年までの気候の安定化

トビアス・シュルツ |  

気候変動のスピードが加速している中、この変化を引き起こしている要因についての理解も深まっています。問題の核心は、地球のヒートバランスを変化させている排出物やその他の人間活動であり、「放射強制力」として測定されます。現在では、この過剰な熱を管理することで、危険な気候変動や気温上昇を回避することが可能であることがわかっています。 2030年までに目先の気候危機に効果的に対処し、持続可能な気候の未来に貢献するためには、すべての企業、組織、政府管轄区域が重要な役割を担っています。 

放射強制力管理(RFM)は、国際的に認められているIPCCのコンセンサス・サイエンスから生まれたものです。 RFMは、気候変動フットプリントの計算、真の気候中立性に向けた進捗状況の判断と検証、オフセットの設定において、最も包括的で科学的に堅牢な方法を提供します。 また、検証可能な気候変動緩和プロジェクトの範囲を大幅に拡大し、最も費用対効果の高い方法で気候変動フットプリントを削減しながら、地球の気候安定化に有意義な貢献をしようとする組織に、より多くの選択肢を提供します。

詳細はこちらをご覧ください。

  • サービス内容
  • ユニークな機能
  • メリット
  • よくある質問

放射強制力管理(RFM)は、企業や組織、政府機関が気候に最大のプラスの影響を与えるために必要なツールを提供します。 これらのツールには、これまでよりもはるかに正確な気候フットプリント、危機的な温度閾値を超える前に気候の安定を達成するために必要な解決策の規模の明確化、気候中立を達成するための選択肢の大幅な増加などが含まれます。

  1. クライメイトフットプリントの検証 - 従来のカーボンフットプリントは、気候変動のストーリーのごく一部しか反映していません。 近い将来、気候を安定させ、最終的には地球の気候を健全な状態に戻すためには、問題の原因となっているすべての要因をより完全に理解する必要があります。 詳細はこちら
  1. クライメイトフットプリントコンサルティング- RFベースのクライメイトフットプリントが決定すると、より幅広い効果的な緩和策を選択することができ、その多くはこれまでよりもはるかに費用対効果の高いものとなります。 詳細はこちら
  1. 気候変動緩和プロジェクトの事前審査 -現在、計画中、および将来的な緩和策をライフサイクル評価の枠組みに基づいて評価し、気候、環境、人間の健康に対する潜在的なコベネフィットや有害なトレードオフを特定する。さらに、技術的な実現可能性とコストについても分析される。 詳しくはこちら
  1. 気候変動影響の削減と気候中立性の検証 - お客様の組織の特性や影響力に合わせて気候変動緩和策を適切に組み合わせることで、気候変動影響を削減または完全に相殺することが可能です。 詳細はこちら
  1. 気候変動オフセットプロジェクトの検証と妥当性確認 - RFアカウンティングは、グローバルなRFM目標に測定可能な形で貢献する気候変動緩和プロジェクトの有効性を評価するため、あるいは世界の特に脆弱な「ハイリスク」地域におけるRF削減のために使用されます。 詳細はこちら

資料請求

もっと情報が必要ですか?フォームに記入していただければ、私たちの担当者がすぐにお返事いたします。