認定レジリエンス・フローリング

NSF/ANSI 332によるサステナビリティ認証

認定レジリエントフローリングとは?

AFFIRM™ CERTIIFIEDは、NSF/ANSI Standard 332: Sustainable Assessment of Resilient Floor Coveringに準拠した、弾力性のある床材製品のサステナビリティ認証です。同規格の基準には、環境、健康、社会的影響のカテゴリーが含まれています。AFFIRM CERTIFIEDは、床材が持続可能性、人の健康、社会的責任への取り組みについて評価され、第三者機関によって認証されていることを、仕様者と消費者に保証する。NSF/ANSI 332規格は、NSFを通じたマルチステークホルダー・プロセスを通じて開発され、米国規格協会(ANSI)の認定を受けた。ステークホルダー委員会には、公衆衛生、産業、ユーザーの各メンバーが参加しました。この規格には、必須基準(レベル1)と任意基準(レベル2)の両方があるので、製造者は継続的な改善のプロセスに利用することができます。

SCSを選ぶ理由

SCSはFloorScoreの独占的な認証機関として、数十年にわたる床材認証の経験を活かし、専任の審査員とカスタマーサービス・マネージャーで構成されるチームを擁しています。AFFIRM認証は、フローリング製品がLEEDクレジットやその他のグリーンビルディングスキームに貢献できるよう支援します。また、EPAエコラベルやGSA調達の要件にも対応しています。AFFIRM監査はFloorScoreとバンドルすることができ、時間と費用を節約することができます。AFFIRM認証は、混雑した床材分野でメーカーが目立つようにし、持続可能性のパフォーマンスを長期的に追跡するのに役立ちます。SCS Global Services は、約 40 年間にわたり、第三者認証、監査、検証のグローバルリーダーであり続けています。顧客アンケートでは、SCSが卓越した対応力と顧客サービスで際立っていることが確認されています。SCSは、世界中の床材メーカーを認証しています。

  • プログラムの詳細
  • プロセス
  • プログラムドキュメント
対象となる製品

認証の対象となる製品には、着用面が非繊維質であるビニルタイル、ビニルコンポジションタイル、シートビニル、ゴム、ポリマー、ラミネート、リノリウムなどの床製品が含まれますが、これらに限定されるものではありません。また、壁の下地、モールディング、階段の踏み板などの床用付属品も含まれる。この規格は、1つの施設または複数の施設、1つの国または複数の国で製造された製品に適用されます。

NSF/ANSI 332 基準

NSF/ANSI 332規格に基づく弾力性のある床材の認定を受けるには、6つのカテゴリーの基準への適合が必要です。

  • プロダクトデザイン
  • 製品の製造
  • 長期的な価値
  • エンドオブライフ・マネージメント
  • コーポレートガバナンス
  • イノベーション

それぞれのカテゴリーで獲得したポイントにより、獲得した認証のレベルが決まります。

  • Conformant - ベーシック認証レベル
  • シルバー - 2段階目の認証
  • ゴールド - 3段階目の認証で、ベスト・プラクティスを目指す。
  • プラチナ - 最高レベルのパフォーマンスを評価
  1. スコープ
    • SCSはプロジェクトのスコープを設定し、プロセス、成果物、コスト、スケジュールなどの詳細な説明を含む提案書を作成します。
    • クライアントはスコープに同意し、NSF/ANSI 332規格を購入、SCSのアカウントマネージャーがクライアントの認証プロセスをガイドするために任命される。
  2. データ収集
    • クライアントはデータリクエストフォームに必要事項を記入し、取得を希望する必須単位と選択単位を特定し、添付書類とともに監査人に提出します。
    • 十分なデータが収集された後、オンサイト監査が予定されています。
  3. オンサイト監査
    • SCS 審査員は、実地審査を実施する。
  4. 監査結果
    • 監査人は、監査指摘事項が必要な場合、これを発行する。
    • クライアントが監査指摘事項に対応(必要な場合)。
  5. 報告
    • SCS監査人は、監査結果の詳細を記載した評価報告書を作成します。
  6. 認証決定
    • SCSのレビュアーが、評価報告書案の最終レビューを行い、認証決定を行います。
    • 認定されると、認定証が授与され、SCSグリーンプロダクツガイドに掲載され、SCSのガイドラインに沿った認定ロゴを使用する権利が与えられます。
  7. 認証維持
    • 認証の有効期限は3年間です。
    • 年に一度、クレジットのサンプリングに対するサーベイランス監査が必要
    • 3年ごとに全面更新が必要です。
ファイル名 ドキュメント
EPAによる連邦政府購入品に対する規格・基準・エコラベルの推奨事項 英語
NSF/ANSI 332規格 - NSF Bookstore サイトを見る

資料請求

始める準備はできていますか、それとももっと情報が必要ですか? 私たちとつながってください。

ロブ・エメランダー