マテリアリティ評価によるESG優先事項の特定

SCSコンサルティングは、ステークホルダーと関わり、ビジネスの成功に最も関連性の高い環境、社会、ガバナンス(ESG)問題の優先順位付けを支援します。

組織に合った優先順位

SCSコンサルティングは、マテリアリティ評価の重要性を認識し、組織内のサステナビリティ活動の優先順位を決定する上で、それがいかに重要であるかを理解しています。私たちの専門家は、お客様のニーズに合った戦略、ステークホルダーエンゲージメント、コミュニケーション、ESG戦術を構築するお手伝いをします。 

SCSのマテリアリティ評価への取り組みについて

SCSコンサルティングは、マテリアリティ評価プロセスを主導し、重い作業を行い、マテリアリティに関する専門知識を活用することで、お客様がビジネスの運営に集中できるよう支援します。マテリアリティプロセスの重要なステップは以下の通りです。

  • 業界の専門知識を活用し、マテリアリティ指標を特定
  • ステークホルダーとの直接的な関わり
  • マテリアリティ調査の設計とインサイトの収集
  • データ収集と評価報告書の作成

プロセス

マテリアリティは、意思決定の枠組みやサステナビリティ戦略展開のロードマップを提供するものであり、どのような組織にとっても有用です。SCSは、サステナビリティに関する深い専門知識、専門的な洞察力、プロセスを合理化するツールを用いてマテリアリティ評価を実施します。SCSのマテリアリティ・プロセスは、組織にとって最も関連性の高い重点分野を特定する、よく組織化されたプロセスを通じて、業務の効率化を可能にします。典型的なマテリアリティ・プロセスには以下が含まれます。

  • 事業・業界のリスク領域、業務、ステークホルダーの理解
  • マテリアリティ指標の一覧の確認
  • ステークホルダーとのエンゲージメント。
  • 定量的・定性的データの収集
  • 推奨事項の策定と見直し
  • マテリアリティ評価の確定
  • ステークホルダーへのコミュニケーション推奨事項およびテンプレート
  • マテリアリティ・プランをステークホルダーに提示

SCSをマテリアリティ・パートナーとして選択する

SCSコンサルティングサービスは、30年以上にわたるサステナビリティ業界での優れた実績と、科学的厳密性、信頼性、透明性への揺るぎないコミットメントを基盤としています。

SCSは、さまざまな産業分野における業務の評価と認証のパイオニアでありリーダーとして、マテリアリティのプロセスを段階的に進め、手間をかけず、結果に重点を置いたプロセスを実現しています。

なぜマテリアリティ評価が重要なのか?

マテリアリティ・アセスメントから得られる洞察は、サステナビリティ戦略や気候変動に関する目標を直接導くものです。報告書に記載された情報をもとに、企業はリスク領域を強調し、コミュニケーションを導き、ステークホルダーとの価値ある対話を実現することができ、そのすべてが組織のために共鳴するプログラムにつながります。あらゆる業界において、企業がマテリアリティ・アセスメントを活用する理由は数多くあります。

  • ステークホルダーにとって最も重要なことに集中することができます。
  • 企業のサステナビリティ戦略を推進し、意味のある報告を可能にするインサイトをハイライトします。
  • 企業のリスクと機会の管理に役立つ
  • 企業が時間、リソース、資金を集中させるべき場所の優先順位を決めることができます。
  • 持続可能性に関する取り組みを促進する
  • 社内外の聴衆に向けて、主要なサステナビリティ指標の情報発信を促進する。

今すぐSCSにコンタクトを取る

購読