レスポンシブル・ソース - ジュエリー

プレシャスメタル、ジェムストーン、ジュエリー

Responsible Source - Jewelryとは?

この革新的なSCS認証は、お客様がリサイクルされた金属や宝石を使用していること、紛争金属や疑わしい、あるいは違法な供給源からの材料を積極的に避けていることを保証するものです。また、SCS認証は、サプライチェーン全体のリスク管理を含め、社会的・環境的説明責任の基本的な基準を満たしていることを示しています。労働者は国際的な労働基準に基づいて公正に扱われ、破壊的な環境活動は回避されています。

SCSを選ぶ理由

プラチナ、金、銀、その他の貴金属を使用する精錬業者、製造業者、加工業者、宝飾業者は、需要の増加に対応して、倫理的に調達され、環境への影響が少ない代替原料を求めています。Certified Responsible Source for Precious Metalsは、このような要求を満たすものです。SCS Global Services (SCS)によるこの新しい第三者認証は、貴金属を使用した製品への信頼性を高めます。 

お客様とお客様のメリット - レピュテーションを守り、ブランドを強化する - お客様の目標達成を支援する - サプライヤーやパートナーとの関係を強化する - 環境面でのリーダーシップを確立し、構築する - 労働者に利益をもたらし、労働争議のリスクを回避する - 混雑した市場で優位に立つ

  • プログラムの詳細
  • プロセス
  • メリット
  • よくある質問
  • プログラムドキュメント
参加資格

認証は、精錬業者、製造業者、加工業者、宝石業者、小売業者など、サプライチェーン全体に適用されます。製品カテゴリーには、ファインメタル、合金メタル、ジェムストーン、所見、ジュエリーが含まれます。

認証の特徴
  • リサイクルメタル、ジェムストーン、ジュエリー。すべての素材がリサイクルされたものであること
  • Conflict-Free:コンフリクトメタル、ジェムストーン、疑わしい違法な供給源からの材料を避ける。
  • 労働者保護。職場が健康と安全の基準を満たし、国際的に認められた労働基準に従って労働者が公平に扱われることを保証する。
  • 倫理的な調達とサプライヤー・リスク・マネジメント。調達戦略を改善し、破壊的な環境活動を防止するためのサプライチェーンリスクマネジメントツールを紹介します。
  • 環境影響評価。ライフサイクルアセスメント(LCA)の手法に基づき、環境パフォーマンスの基本的な基準を設定し、時間をかけて継続的に改善するための明確な道筋を示しています。
  • RSジェムストーンとジェムストーン・パーセルの規格
認証サポート

SCSは、スタッフの継続的な支援、マーケティングやプロモーションのサポート、新規または改訂された要求事項に関する情報など、プログラムの継続的なサポートを行います。また、ロゴマークの承認制度や、製品内・製品外のプロモーションにおけるSCS商標の使用についての情報も提供されます。

  1. 認証の申請

    SCS Application Form」に必要事項をご記入の上、ご提出下さい。申請書に記載された情報をもとに、SCSがプロジェクトの範囲を決定し、お客様の承認を得るために、提案書を作成します(提案書にはスケジュールと見積書が含まれます)。お客様にご承認頂きましたら、作業指示書にご署名頂き、アカウントマネージャーがお客様の認証プロセスをご案内致します。

  2. データ収集

    SCSのテクニカルコーディネーターが、お客様がSCSに提出する予備データの収集をお手伝い致します。SCSは、製品データ、会社資料、製造工程、製品の処方、試験などを確認し、監査の準備ができているかどうかを評価します。十分なデータが集まると、審査員が任命されます。

  3. 監査

    認証審査は、SCSが実施します。この審査では、お客様の施設の現地調査と上流のサプライチェーンの評価が行われます。審査員は、お客様の技術スタッフと対話し、正確で裏付けのある評価を行うために必要な追加情報を明確にして入手します。

  4. ドラフトアセスメントレポート

    監査人は、データ分析、不適合、改善の機会など、監査の結果を詳細に記した評価報告書のドラフトを作成します。

  5. 内部のピアレビュー

    この報告書は、別の資格を持ったSCS監査人がレビューし、必要な修正や変更を行った後、お客様に送付されます。

  6. 是正措置

    不適合があった場合には、是正措置計画で対応する必要があります。また、報告書に記載されている情報や、監査人が導き出した結論に対して、コメントや回答をすることもできます。

  7. 認証の決定

    SCSは、評価報告書の最終技術審査を行い、最終的な認証決定を行います。認証が付与された場合、SCSは貴社の施設・事業所に対して認証書と最終報告書を発行します。認証取得後、貴社はグリーンプロダクツ認証データベースとSCSのWebサイトに掲載されます。

  8. 認証維持・更新

    SCSは、認証に応じて、認証を維持し、継続的な改善を支援するために、毎年監査を要求しています。

Certified Responsible Sourceプログラムへの参加。

  • 疑わしい、または違法な供給源からの紛争用金属、宝石、材料に「No」と言うことで、リーダーシップを発揮します。
  • 従業員の健康と安全を守るための取り組みを証明する。
  • 環境破壊を防ぐための積極的な取り組みを示す
  • ISO 31000に準拠したサプライチェーン・リスクマネジメント手法に基づく、より優れた調達戦略を活用することができます。
  • SCS Kingfisherのマークやプレスリリースを使って、業界でのリーダーシップをアピールすることができます。
  • Signet Responsible Sourcing Protocols (SRSP)に準拠するためのパスウェイを提供します。
規格の環境要求事項は何ですか?

認証を受けるためには、まず環境計画を策定・実施し、大気排出量、エネルギー使用量、水使用量および排出量、土地使用量、生物多様性への影響、および廃棄物の発生と処理を監視する必要があります。企業は、基準となるパフォーマンスレベルを設定し、時間の経過とともに大幅な改善を示します。

規格の社会的要求事項とは?

認証された企業は、公正、進歩的、かつ安全な社会的事業慣行に関する国際基準を遵守しています。主な対象分野は、非自発的労働、強制労働、児童労働、差別、透明性のある雇用条件、苦情処理、公正な報酬慣行、合理的な労働時間、環境衛生と安全性などです。

規格のサプライチェーンマネジメントの要求事項は何ですか?

倫理的な行動は、企業の製造拠点のドアの外にまで及びます。認証は、サプライチェーン全体にわたって、企業の調達方法の完全性を保証します。リサイクル金属の調達先を管理することで、紛争鉱物、無責任なE-waste処理業者、欺瞞的または非倫理的な手段で材料を入手する企業、マネーロンダリング、汚職、テロリズムへの資金提供を排除することができます。

この規格はどのようにして作られたのですか?

SCSは、業界関連企業や業界団体とは無縁の、中立的な第三者認証機関であり、規格開発者です。また、SCSは、基準書の作成とパブリックコメントの過程で、消費者、非営利団体、小売業者、科学者、メーカー、業界の専門家など、幅広いステークホルダーの意見を取り入れています。私たちは、規格に対する建設的なフィードバックを常に歓迎し、規格の更新と改善を継続的に行っています。

SCSは認証サポートを行っていますか?

SCSは、スタッフの継続的な支援、マーケティングやプロモーションの支援、新規または改訂された要求事項に関する情報の提供など、プログラムの継続的なサポートを行います。認証を受けたお客様には、ロゴマークの承認制度や、製品内外のプロモーションにおけるSCS商標の使用についての情報が提供されます。

ファイル名 ドキュメント
認定レスポンシブル・ソースのパンフレット 英語
貴金属のレスポンシブル・ソース™規格 V1 英語
Responsible Source™ Standard for Gemstones V1 English

今すぐ応募

手続きを開始するには申し込みを完了する。

Ambar Valles