フェアトレードUSA認証

持続可能性と衡平な貿易のベストプラクティスの表彰

フェアトレードUSA認証とは?

フェアトレード認証™製品は、多くの小売業者やバイヤーが現在求めている厳格な社会的・環境的保証を提供します。フェアトレードUSAの認証モデルは、サプライチェーンのあらゆるレベルの取引慣行が、フェアトレードUSA農業生産および捕獲漁業基準(APSおよびCFS)に基づいて登録・監査されるように設計されています。フェアトレードは、消費者が日々の買い物を通じて、農家や労働者、漁業者を支援し、農業や漁業のコミュニティに良い影響を与えることを可能にします。

SCS Global Services は、フェアトレードUSA農業生産および漁業基準(APSおよびCFS)に対するタイムリーで費用対効果の高い監査サービスを提供しています。フェアトレードUSAの認証プロセスを成功させることで、農家、農業従事者、漁業者を支援し、環境を保護しながら、市場価値を高めるこの独特の認識を獲得することができるのです。

SCSは、フェアトレードUSA規格の審査を行う最初の認証機関として、新鮮な果物や野菜、コーヒー、紅茶、ハーブ、ココア、砂糖、ナッツ、オイルやバター、蜂蜜やスパイス、豆や穀物、花、飲料の認証原料、水産物など、さまざまな農産物や水産物の生産者に対して世界中でサービスを提供しています。

SCSを選ぶ理由

SCSは、フェアトレードUSAとの長年にわたる協力関係から、両プログラムの最初の認証機関として、フェアトレードUSAモデルの実施において最も強力な専門知識を提供しています。SCSは、その専門性、品質へのこだわり、透明性が認められ、選ばれる認証機関となっています。

SCSがお客様一人ひとりにもたらすもの。

- 36年以上にわたる持続可能な農業と水産物の評価に関する経験 

- 経験豊富で幅広い業界知識を持つ地域監査役

- 新しい顧客要件をナビゲートするための専門家によるサポート 

- 卓越したカスタマーサービスと迅速な納期対応 

- フェアトレード認証と他の食品認証を組み合わせることで、さらなる効率化とコスト削減が可能です。

  • サービス内容
  • 認証プロセス
  • メリット
  • よくある質問
  • APSCAメンバー
  • プログラムドキュメント

SCSのサービスには、以下のフェアトレード基準の認証が含まれています。

農業生産基準(APS)について

フェアトレードUSA農業生産基準に基づいて認証された生産者は、以下の分野の要求事項を遵守していることを証明します。

  • エンパワーメント
  • 仕事における基本的人権
  • 賃金、労働条件、サービスへのアクセス
  • 生物多様性、生態系機能、持続可能な生産のために
  • トレーサビリティーと透明性
  • 内部管理体制

フェアトレードUSAのインフォグラフィック

 

キャプチャー・フィッシャーズ・スタンダード(CFS

Fair Trade USA Capture Fisheries Standardで認証された漁業は、以下の分野の要求事項を満たしていることを示しています。

  • 構造要件
  • エンパワーメント&コミュニティ開発
  • 基本的人権
  • 賃金、労働条件、サービスへのアクセス
  • リソース管理
  • 取引条件

    漁業モジュール

 

コンプリメンタリーサービス

農園、エステート、小農、漁業、貿易業者のフェアトレードUSA基準への適合監査に加え、SCS Global Services 、SMETA、Equitable Food Initiative (EFI), Sustainably Grown, Veriflora, SAI-Farm Sustainability Assessment, Rainforest Alliance, USDA Organic およびGLOBALG.A.P. & PrimusGFS, GAPまたはGMP食品安全審査などの GFSIベンチマーク食品安全の認証といった幅広い補足認証サービスを行っています。

  1. 認証の申請

    フェアトレードUSA申請書(https://www.fairtradecertified.org/business/standards/documents/agricultural-production-standard-application からダウンロード可能)に記入し、Eメールで送信する。 [email protected].フェアトレードUSAがあなたの申請書を審査し、参加資格があることを確認した後、あなたの申請書はSCSに転送されます。

  2. 提案書の承認

    SCSは、お客様のアプリケーションを確認し、作業範囲、スケジュール、見積もりなどを含む提案書を作成し、お客様の承認を得ます。認証プロセスを開始するために、ワークオーダーに署名し、返送してください。

  3. 監査のスケジュールと準備

    署名された作業指示書を受領した後、SCS は貴社と協力して監査の日程を決定します。SCS は、実地監査に先立ち、監査計画書および要求文書を提供する。

  4. 監査を受ける

    現地監査では、書類審査、作業員インタビュー、現地観察が行われます。監査結果のドラフトは、クロージング・ミーティングで報告されます。監査報告書は、20営業日以内にクライアントに送付されます。

  5. 是正措置の提示

    不適合報告書(NCR)で指摘された問題は、30日以内に是正処置計画(CAP)によって対処されます。CAPは、実施されたことを明確に証明するものです。

  6. 認証決定

    SCSは、クライアントが作成したCAPに基づき、認証判定を行います。

  7. 認証取得

    SCSは、フェアトレード認証登録番号、認証書、該当する製品上のラベルを提供します。認証の有効期限は3年間で、サーベイランス審査は年1回実施されます。

認証のメリット

  • 環境、および労働者と地域社会の健康と福祉を守るための組織のコミットメントを実証する
  • 価値観の異なる消費者に向けて、自社製品をエシカルな代替品としてブランド化する。
  • 環境および労働者保護のための組織内でのベストプラクティスの確立
  • コミュニティを豊かにするプロジェクトへの資金提供
  • FTUSA認証を受けたサプライヤー、輸出業者、輸入業者のグローバルネットワークの一員となる

    フェアトレード認証は、グローバル市場でどのようなメリットをもたらすのでしょうか?
    フェアトレードUSA認証は、北米市場において、ウォルマート、コストコ、ホールフーズ、クローガーなど、多くの小売業者に認められています。

    フェアトレードの監査にはどれくらいの期間がかかるのでしょうか?
    監査期間は、監査範囲に含めるサイト(農場や施設)の数や規模、含める農産物の種類、労働者の住居、下請け業者などによって異なります。

    認証取得までどのくらいかかりますか?
    SCSはFTUSAからクライアントの申請を受けた後、1週間以内に見積もりで回答します。監査日は、収穫のピーク時で労働者の50%がいるときに予定する必要があります。監査は通常2~3ヶ月かけて計画されます。監査が行われ、監査報告書が送付された後、申請者が是正措置計画のプロセスを実施し、最終決定するまでに2~6ヶ月かかる場合があります。そのため、認証が下りるまでに4~9カ月かかることもあります。

    フェアトレードの認証はいつまで有効ですか?
    FTUSAの認証は3年間有効ですが、このプログラムでは毎年監査が必要です。最初の監査は評価監査(Year 0)、その後2年間の監視監査(Year 1と2)、そしてYear 3は再評価監査です。6年目には、認証保持者はFTUSA規格のすべての要求事項を遵守することが期待され、認証を維持するために、引き続き年次監査が予定されています。

    フェアトレード認証は特定の製品にのみ適用されるのですか、それとも会社や製品全体がフェアトレード認証になるのですか?
    フェアトレードの認証は、どのような製品にも適用することができます。フェアトレードの認証製品一覧はこちらをご参照ください。どのようなサイト、農場、施設、農産物をフェアトレード認証の範囲に含めるかは、クライアントが選択できます。

    フェアトレードの監査は、オンサイト監査ですか、それともバーチャル監査ですか?
    2020年以降、書類審査や経営陣へのインタビューを中心としたリモート部分と、現地訪問や労働者へのインタビューを中心としたオンサイト部分からなるハイブリッドな監査方法を採用しています。なお、変更になる可能性があります。

    フェアトレード認証は気候変動に影響を与えるのでしょうか?
    フェアトレードUSAのAPSとCFSの基準には、炭素排出、隔離、GHG排出、モニタリングを扱う直接的な要件はありません。(フェアトレード農業生産基準1.2.0のモジュール4を参照してください)

    フェアトレード認証は、環境保護に何らかの影響を与えるのでしょうか?
    フェアトレードUSAのAPSおよびCFS基準(特にモジュール4)では、認証取得者に対して、農薬使用、水消費、廃棄物管理を持続的に行い、保護地、絶滅危惧種、生物多様性の向上について強い意識を持っていることを求めています。

    SCSの監査は、米国企業のフェアトレード基準のみですか?
    SCSは、高度な訓練と経験を積んだプロの監査員と協力しています。米国、カナダ、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、エクアドル、グアテマラ、メキシコ、ペルーなどの南米・中南米、東南アジアやインドのクライアントを担当するフィリピンの専門家、アフリカ(特にエチオピア、コートジボワール、ケニア、モザンビーク)に現地オンサイトの監査人を配置しています。

    規格要求事項に関する質問は、フェアトレードUSAのウェブサイト をご覧ください。

    SCSは、世界的に職場環境を改善するためのツールとして、信頼できる独立した社会コンプライアンス監査の利用を促進する専門家協会であるAPSCAのメンバーであることを誇りに思っています。APSCA(Association of Professional Social Compliance Auditors)は、社会コンプライアンス監査業界の大部分を占める業界団体であり、そのメンバーは、社会コンプライアンス監査の専門家集団です。APSCAの使命は、独立した社会コンプライアンス監査を行う個人や組織の専門性、一貫性、信頼性を高めることです。

    APSCA

    ファイル名 ドキュメント
    フェアトレード - 農業生産基準 サイトを見る
    フェアトレードUSA捕獲漁業基準 サイトを見る
    フェアトレードUSA認証パンフレット 英語 | スペイン語 | ポルトガル語

    資料請求

    始める準備はできていますか、それとももっと情報が必要ですか? 私たちとつながってください。

    ヴァネッサ・オラエチェア