ゼロエミッション施設認定

施設の廃棄物転換の実績を証明することで、企業メッセージ、投資プロファイル、ESG評価を強化することができます。

Inna Kitaychik|インナ・キタイチク  

環境への影響や二酸化炭素排出量の削減を目指す企業は、環境スチュワードシップ、企業責任プロフィール、ESGランキングを大幅に改善するために、ゼロ・ウェイストのような持続可能性への取り組みに注目しています。 SCSのゼロ・ウェイスト基準は、廃棄物の削減、リサイクル、再利用をどのように行っているかを伝えるために、個々の施設における廃棄物の転換と削減に関する認証の基礎となるものです。

認証は、施設での埋立地行きの廃棄物の発生をなくすことに向けた企業の歩みを伝えるために使用することができます。毎年行われるゼロ・ウェイスト評価では、廃棄物の総発生量に占める埋立地からの転換量を把握します。 SCSのゼロ・ウェイスト基準では、すべての参加施設が評価され、サンプルが現地で監査されます。このSCS基準では、50%以上の廃棄物転換率を示す施設が認定されます。すべての請求は、12ヶ月間を基準としています。

Zero Wasteロゴ

SCSを選ぶ理由

SCSは、各参加施設で達成された転換率を50%から認証します。SCSのゼロ・ウェイスト基準では、施設ごとにアプローチし、対象施設のサンプルに対して現場監査を行うことで、認証コストを削減するとともに、書類審査により施設レベルの認証の完全性を維持しています。また、この規格では、有害廃棄物の転換を全体の転換にカウントすることができるほか、ケースバイケースではありますが、廃棄物からエネルギーへの転換を全体の転換の25%以上の転換方法として使用することも認められています。

認定を受ける準備はできていますか?

応募はこちら

  • よくある質問
  • メリット
  • プロセス
  • プログラムドキュメント

Q:ゼロ・ウェイストの目的は何ですか?

A: ゼロ・ウェイストとは、企業、政府、個人が、既存の材料の再利用、廃棄物として指定された材料の適切な管理、および材料が最初から廃棄物の流れに入るのを防ぐことによって、発生する廃棄物の量を減らすことを目指す、企業/ビジネス/ライフスタイルの哲学です。

Q: ゼロ・ウェイスト認証は、私の会社にとってどのようなメリットがありますか?

A: SCS Zero Waste認証は、12ヶ月間に施設で達成された廃棄物の転換を第三者が保証するものです。この認定された廃棄物削減量は、その施設での埋立地行きの廃棄物の発生をなくすことを目指す企業の歩みを伝えるために使用することができます。毎年の評価では、廃棄物の総排出量に占める埋立地からの転換量を把握します。

Q: SCSのゼロ・ウェイスト認証プログラムは、GBCI TRUE認証やNSF Landfill Free認証などの他の認証プログラムとどのように違うのですか?

A:SCSのゼロ・ウェイスト認証プログラムは、他の廃棄物認証・検証プログラムとは異なるいくつかの重要な要素があります。

  • コスト削減。複数の施設をお持ちのお客様には、サンプルベースでオンサイト審査を行い、認証コストを低減します。
  • 流用率の検証。ゼロ・ウェイストの定義を99%の転用としていますが、SCS認証に参加するためには、施設は50%の転用率を示すだけでよいことになります。他の規格では、少なくとも90%の転換率を達成しなければ「参加」を認めていません。
  • 有害廃棄物。当社の基準では、有害廃棄物の転用をケースバイケースで受け入れています(以下の分析を参照)。
  • Waste to Energyの略。当社の基準では、廃棄物エネルギーを転用方法として、総転用量の25%まではさらなる審査なしに使用することができます。25%を超える場合は、審査の上、ケースバイケースで認めています。
  • 残余率の許容。当基準では、運搬業者や第三者による廃棄物収集サービスからのデータが得られない場合、転用率を計算する際に、既定の業界/地域別の残余率を適用することを認めています。他の規格では宣誓書が必要です。

Q: どのような施設が認証を受けられるのですか?

A: 廃棄物管理活動がすべて認証を申請する企業の管轄であれば、どのような施設でも認証を受けることができます。ただし、他社と廃棄物管理を共有している施設は、この規格に参加するためには、廃棄物を混合する前に追跡する必要があります。

Q:SCSの「ゼロ・ウェイスト」認定を受けるためには、99%廃棄物を出さない施設でなければならないのですか?

A: いいえ、認証を受けるためには、参加している施設が12ヶ月間で最低50%の廃棄物転換を達成していることを示す必要があります。施設ごとの実際の転用率は、毎年、認証書に記載されます。これにより、企業は毎年、廃棄物ゼロの旅を続けることができるのです。

Q: ゼロ・ウェイスト認定を受けるためには、すべての施設で毎年直接監査を受けなければならないのですか?

A: いいえ。SCSゼロ・ウェイスト基準では、マルチサイト認証が認められており、毎年、個々のサイトをサンプルベースで訪問し、認証範囲に含まれるすべてのサイトのデータと管理文書を審査します。

Q: ゼロ・ウェイスト認証には何が含まれますか?

A:SCSゼロ・ウェイスト認証書には、以下の必須情報を含む、企業のゼロ・ウェイスト実績の透明な概要が含まれています。

  • 会社がその年に達成した廃棄物転換の割合。パーセンテージは以下の計算式で算出される。(転換された廃棄物-残留物)+防止された廃棄物)/(総廃棄物+防止された廃棄物)
  • 使用した各転用方法(例:リサイクル、コンポスト、廃棄物焼却、エネルギー転換)と、各方法で転用された割合
  • 例えば、昨年55%の廃棄物転換を達成し、監査年度に60%の廃棄物転換を達成した場合、証明書には「+5」と表示されます。
  • オペレーター」が現在廃棄物を保管しているかどうか(保管しているものの割合や総重量ではありません)。
  • 認証期間(検証される12ヶ月間)

Q: 複数の施設があります。あるいは、SCSゼロ・ウェイスト認証を受けるためには、すべての施設で認証を受けなければならないのでしょうか?

A: SCSのゼロ・ウェイスト認証は、いくつでも認証を受けることができます。すべての施設は、その施設で達成された転用率が認証されます。

Q:転用量とはどのようなもので、どのように算出されるのですか?

A: 企業の転用量とは、リサイクル、コンポスト、再使用、再生、予防、廃棄物からエネルギーへの転換(埋め立てに回さない)などの方法を用いて、環境に有益な方法で廃棄された物質(廃棄物と定義)の量です。転用率は以下の計算式で算出される。(転用された廃棄物-残留物+防止された廃棄物)/(総廃棄物+防止された廃棄物)

Q:「再設計による無駄の防止」とは何ですか?

A:新しい生産・調達プロセスにより発生しなくなった廃棄物。例えば、使い捨ての金型を再利用可能な金型に変更したり、サプライヤーから購入したボール紙製の包装材を再利用可能な容器に変更したりすることです。SCSでは、設計変更による削減量を、12ヶ月間の会社の総転用率として計上しています。

Q: ゼロ・ウェイスト規格やゼロ・ウェイスト監査に含まれる廃棄物の種類や測定方法がよくわかりません。ゼロ・ウェイストの定義のリストはありますか?

A: はい、以下は、ゼロ・ウェイスト監査および認証の一環として評価される、最も一般的な廃棄物の種類と測定値のリストです。

  • :焼却後に回収される空気中の灰である「飛灰」と、燃焼後の焼却炉の底にある重たい灰である「焼却炉底灰」を含む。
  • 平均残差率。正 式な調査で算出された残留率の業界平均値。例えば、カリフォルニア州では、カリフォルニア環境保護庁(CEPA)が行った調査によると、2005年の残留率は以下の通りです。シングルストリーム材料回収施設(MRF):14%、マルチストリーム:6%、混合廃棄物:81%、建設・解体(C&D):23%。これらの割合は、リサイクル施設から特定の割合を示す宣誓書が提供されない場合、オペレーターの排出物に適用することができます。
  • 堆肥化された材料。自然界の有機物で、コンポスト施設に送られ、比較的均質で安定した腐植質を形成するように腐敗させられる材料[ISO 14021]。
  • 建設・解体用デブリ(Construction and Demolition Debris)。金属、木材、石膏、アスファルトシングル、ルーフィング、コンクリート、石、瓦礫、土、紙、プラスチック、ガラスなどの素材を含む、建物やその他の構造物の建設・解体(C&D)から生じる物質で、腐敗性廃棄物を除く(SWANA技術方針、添付資料B)。
  • 転用された廃棄物。内部で処理された廃棄物および/または外部処理のために送られた非埋立て対象の廃棄物。
  • E-Waste(廃棄物)。使用期限が近い、または使用期限が切れた消費者向けおよび企業向けの電子機器(コンピュータ、テレビ、携帯電話など)。
  • 有害廃棄物。EPAがリストアップした廃棄物、または発火性、反応性、腐食性、抽出手順毒性を特徴とする廃棄物(USDA Agricultural Resource Service)。
  • 再設計による廃棄物の防止。以前のプロセスでは発生していたが、製品や包装の再設計により発生しなくなった廃棄物。再設計による防止廃棄物は、防止された(現在の)廃棄物の前年度の総重量を、前年度に作成された製品の総ユニット数で割ることにより算出できる。次に、この結果に今年度の生成ユニット数を乗じる。設計変更による廃棄物削減効果の主張が正確であることを確認するために、プロセスはケースバイケースで審査されます。
  • 再生材。本来であれば廃棄物として処分されるか、またはエネルギー回収に使用されるはずの材料が、代わりに回収され、リサイクルまたは製造プロセスのための新しい一次材料の代わりに「新しい」材料のインプットとして回収された(再生された)材料[ISO 14021]。
  • リサイクル材。リサイクル施設に送られ、細断、ペレット化、または化学的に変化させられて、商業的に利用可能な物体または物質に作り変えられる材料。一般的な素材としては、ガラス、金属、段ボール、プラスチックなどが挙げられるが、その他の素材にも適用される。
  • 再使用材料。本来であれば廃棄物として処理されるか、エネルギー回収に使用されるところを、当初の目的のために再び使用するためにプロセスの最後に回収された材料のこと。
  • 残余物。処理された後に残る廃棄物のこと。残余物の割合は、リサイクル施設の種類や、州や市によって異なります(入手可能なデータによる)。事業者は、処理に使用した施設から宣誓書でこれらの割合を入手する責任があります。施設からの宣誓書が得られない場合は、平均残存率を使用することができます。上記の「平均残存率」を参照してください。
  • 売却された廃棄物。 プロジェクトの範囲内で廃棄物と定義された材料で、商品の生産に向けた他のメーカーの工程への投入物として販売されるもの。寄付された材料もこのカテゴリーに含まれます。
  • Waste-to-Energy(WTE)の略。 本来ならば廃棄物として処分されるところを、管理されたプロセスによって回収された物質から回収されるエネルギーのこと[ISO 14021]。この方法には、焼却、熱分解、嫌気性消化が含まれ、プロセスの主な目的と出力はエネルギーを生み出すことである。

Q:SCSが提供するその他の環境認証について教えてください。

A: 「ゼロ・ウェイスト」認証は、企業が持続可能性を追求する過程で取得できる数多くの認証の一つに過ぎません。SCSは、企業がより持続可能で環境に優しい企業へと成長していくために、様々な製品やプロセスに対して100以上の認証・検証プログラムを提供しています。このような施策は、最終的に企業が多くの企業評価会社からより良いESG評価を得ることにつながり、ESG投資や機関投資家の観点からも企業を有利に導くことになります。すべてのSCS認証および検証の一覧については、http://www.scsglobalservices.com/services をご覧ください。

 

資料請求

もっと情報が必要ですか?フォームに記入していただければ、私たちの担当者がすぐにお返事いたします。

関連資料

このサービスに関する詳細情報や資料のダウンロードはこちらから

プレスリリース
SCS Global Services (SCSは、環境とサステナビリティに関する第三者認証、監査、コンサルティングの世界的リーダーです。
プレスリリース
2019年末にLNP™ ELCRIN™ iQ材料を導入して以来、SABICは1億個以上のシングル・ダイバースに貢献してきました...
プレスリリース
SCS Global Services (環境・サステナビリティ認証サービスにおけるグローバルリーダーであるSCS(Scientific Company)は、本日...
ブログ
信じられないかもしれませんが、「ゼロ・ウェイスト」という言葉は40年以上前から使われています。最初にこの言葉を使ったのは、ある化学者でした...