カーボンフットプリントの算出

GHGインベントリの作成と組織の排出量の評価

オーレン・ジャッフェ  

企業のカーボンフットプリント(温室効果ガス排出量)の算出は、企業の持続可能性プログラムに不可欠な要素です。SCSは、30年以上にわたって主要産業のお客様のカーボンフットプリントを評価してきました。SCSは、お客様の組織のスコープ1、2、3の排出量の評価、排出量削減のための戦略の特定、カスタマイズされたツールと報告書作成のサポートをワンストップで提供します。お客様のインベントリーは、排出ホットスポットの特定、排出削減のための科学的根拠に基づく目標(SBTI)の設定、CDPTCR、その他の報告機関への報告に使用することができます。

SCSを選ぶ理由

ほとんどの企業では、GHG排出量の40%以上がスコープ3インベントリに含まれています。SCSは、お客様のビジネスに適切なスコープ3カテゴリーを決定し、これらの複雑なインベントリをコンパイルすることができる確立されたライフサイクルアセスメントチームを持っています。

  • サービス内容
  • プロセス

20年以上にわたり気候関連の幅広いサービスを提供してきた経験を活かし、お客様をサポートします。

  • スコープ1、スコープ2、スコープ3のカーボンフットプリントの評価
  • 排出量を削減する方法を明らかにする
  • 排出量削減目標の設定
  • カスタマイズされた在庫計算ツール
  • CDP、Climate Registry、またはその他のレポーティングプラットフォームへの報告 
  • CDPスコアの向上
  • GHGだけでなく、短命の気候汚染物質(SLCP)のインベントリを評価する

資料請求

もっと情報が必要ですか?フォームに記入していただければ、私たちの担当者がすぐにお返事いたします。